働きやすさ推進協会

安心して働ける社会へ

TOPIX

READ MORE

働きにくさは社会課題

 日本人・男性・同郷・同大学出身等「人の同質性」に支えられた企業成長は遠い昔のこと。30年前の高度経済成長期を支えた組織構造は現代人においてはむしろ「働きにくい」制度そのものに劣化してしまいました。

長時間労働や、あらゆるハラスメントはそこで働く人たちの精神的肉体的ストレスをいたずらに生み続けております。

2018年6月29日、日本政府は働き方改革関連法案を成立させました。
当協会は「働く人たちの心」に焦点を当てた「働き方改革」の成功を目的として設立いたしました。企業を蝕む「働きにくさ」を可視化し排除することによって、働きやすい環境をそこで働く人たちとともに創造してまいります。

働きやすさを推進するために

ディーセント・ワークマーク

Dwマークの発行

Dwマークは、当社団が実施するサーベイと審査の結果、「社員にとって働きやすい環境」づくりに注力する「働きやすさ推進企業」として当社団が認定した組織に発行されます。

詳しく見る

ディーセント・ワークAward

ディーセント・ワークAward

働きやすさ推進企業に認定された企業・団体の中から、一定期間内で特に優秀な結果を残した組織に送られるアワードです。

今まで疎かにされがちだった「働きやすさ」という概念に対し、先進的に取り組んできた組織を、広く内外に知ってもらうための試みです。

詳しく見る

働きやすさ白書 無料お申込み

働きやすさ白書

働きにくさを排除し、働きやすい職場へ

現状の日本の働きやすさを調査するため、全国の18才〜60代の500名に対し、当団体のサーベイを実施しました。
年齢別の働きやすさに対する認識と傾向、働きやすさを構成する要素の重要なヒントが詰まった調査結果となりましたので、ぜひご一読いただき、働きやすい職場づくりに生かしていただければと思います。